88鍵盤MIDIキーボードの理想が集約された、Studiologic SL88 – Vol.1

過去にピアノをやっていた方にとって「手頃な電子88鍵盤楽器」というものは、とても満足のいくものではありません。

「キータッチがチープ」「連打なども含めた演奏表現がでない」などなど、手頃な電子88鍵盤楽器というものは「演奏することそのもの」をストレスに感じさせてしまうものです。

 

またさらに近年は新録の楽曲でさえ「ソフトウェア」が利用される時代。

電子ピアノという簡潔な楽器より、いまや「ソフトウェア」の方が音質や表現能力で優位になってしまった、というのが実情でもあります。

 

 

さて、こうした状況を憂うのではなく、いち早く取り入れるのが諸外国。

近年は「高級電子ピアノに匹敵する演奏性能を備えた鍵盤型ソフトウェアコントローラー」のリリースが立て続けに行われているように思います。

これはつまり「音の面ではソフトウェアの方が上なのだから、演奏性能に関しても良い鍵盤型ソフトウェアコントローラーがあればバッチリだよね。」という考え方です。

 

 

そんな鍵盤型ソフトウェアコントローラーの近頃で話題に上ったものだと「Native Instruments KOMPLETE KONTROL S88」や「ARTURIA KEYLAB 88」。

どちらも「ハンマーアクション」(鍵盤の機構がピアノの機構と同様)という仕様を用いることで、安価な鍵盤型ソフトウェアコントローラーを遥かに凌駕する演奏性能を備えています。

 

そして面白いのは、この2つの人気モデルは共にあるメーカー製の鍵盤供給を受けて、生産されているということ。

 

 

そのメーカーは、FATAR。

過去にYAMAHA、ROLAND、KORGといったメーカーが電子鍵盤市場に参入する際に参考にした鍵盤もこのFATAR社の鍵盤で、世界の高品位鍵盤の供給を一手に引き受ける「鍵盤専門ブランド」です。

 

そして今回ご紹介するstudiologic社は、このFATAR社より「FATAR鍵盤を使った自社製品を開発販売するブランド」として立ち上げられたブランド。

つまりFATAR = studiologicというわけです。

 

 

今回取り上げるのは、そんなstudiologic社自らが開発した、高品位・鍵盤型ソフトウェアコントローラーです。

 

 

 

studiologic SL88という最高峰

この製品は「ピアノを演奏してきた人のため」に生まれた88鍵盤ソフトウェアコントローラーです。

製品は「SL88 GRAND」と「SL88 STUDIO」の二種類。

この違いはかなり単純明快で、「重さをとるか、タッチフィーリングをとるか」という好みの問題。

「ピアノを演奏してきた人のため」に生まれた製品であるだけに、その基本的なスペックが非常に素晴らしいことが特に重要です。

 

そうした基本スペックについて、ここでは言及してみたいと思います。

 

 

 

SL88の鍵盤タッチは非常に優秀

88鍵盤モデルということは、つまりピアノを意識しているということ。

ですから当然「ハンマーアクション」です。

これは他社へ供給され既に人気の「KOMPLETE KONTROL S88」や「KEYLAB 88」でもハンマーアクションが採用されているので、少なからず他社の人気製品と同等品質は備わっている、と考えていただいてOKです。

 

ただし、他社への供給品と自社製品が同じでは面白くないのが世の常

SL88鍵盤はそこからさらに踏み込まれています。

 

 

 

鍵盤タッチは、鍵盤そのものだけで決まるものではない

ボディの上にキーベッドが載せられ、そのキーベッドにハンマーや鍵盤が組み込まれている、という仕様であるのが鍵盤型キーボードの構造。

つまり、「ボディとキーベッドの関係性」がタッチフィーリングに直接影響する、非常に重要なポイントです。

 

 

具体的にいうと「ボディ材質の剛性」と、ボディとキーベッドの「接合部分の仕様」。

ボディ剛性が低ければ歪みが生じる、接合部分がいい加減であれば不安定になる、ということはキータッチのニュアンスが逃げてしまうからです。

 

SL88はこの観点にも注視し開発された製品ですので、非常に剛性の高い金属製ボディと、非常に優れたボディ/キーベッドの接合素材が採用されており、自社の高品位な鍵盤の能力を余すことなく引き出せる設計・仕様になっています。

 

 

言い換えると、KOMPLETE KONTROL S88のボディ材質が樹脂であること、KEYLAB 88のボディ材質が金属ながらSL88に比べて軽量である、というこれら仕様差は、SL88と全く同じ鍵盤を採用したところでキーフィーリングは全く劣るものであるということは念頭に置いていただきたいところです。

 

 

 

タッチが良くても実際の反応が良くなければ音楽を奏でられない

本物のピアノであればシンプルに「ハンマーが弦を叩く」という自然の摂理で音が発生します。

しかしコントローラーという電子機器では、「弦が叩かれる」という挙動を何らかのセンサーで感知し、電子的な「この音程のこの強さの音が鳴らされましたよ」という信号に変換をしなければなりません。

 

 

つまり、センサーの正確性が乏しければ、演奏が正確でも信号がチグハグになってしまう、ということです。

 

 

FATARのセンサーはコンタクトスイッチという接触型センサーが採用されています。

もう既に世界中の電子楽器メーカーへ鍵盤を供給している事実から、FATARのこのコンタクトスイッチが非常に優れた世界トップクラスのものであることは十分に認められるもの。

しかしSL88シリーズではこのコンタクトスイッチを贅沢に3つも使用する「3コンタクトスイッチ」というものが採用されています。

これにより「極小のアクションも確実にセンシング」する事に成功し、非常に弱い打鍵や超高速の連打鍵の一つ一つのニュアンスを逃さないというパフォーマンス性能を実現しています。

 

 

 

さて、これらがSL88鍵盤タッチの基本仕様。

これを念頭に、各モデルの鍵盤仕様を見ていきたいと思います。

 

 

 

SL88 GRAND

p2

価格が他社供給モデルを上回るので、仕様が上等というのは当然といえば当然ですが、、、SL88 GRANDの鍵盤は非常に贅沢なモデル。

なぜならば「木製鍵盤」が採用されているからです。

 

 

というのも、本物のピアノでは「木製の鍵盤がハンマーを持ち上げ弦が叩かれる」という構造ですから、木製鍵盤そのものの独特の「重み」があってこそ、リアルなピアノタッチが再現されるという事になります。

つまり「鍵盤型ソフトウェアコントローラーがハンマーアクションである」というだけでは、どうしても深いリアリティに到達できないのですね。

 

 

この点をきっちりと押さえている SL88 GRAND は、間違いなく限りなくピアノそのものに近い鍵盤型ソフトウェアコントローラーです。

 

 

 

SL88 STUDIO

p2

SL88 STUDIO では木製鍵盤ではない代わりに、軽量でありながらリアリティを極限まで追求したFATAR特製の鍵盤素材が採用されています。

この鍵盤、型番としては「TP100L/R」というものでして、同社電子ピアノの「NUMA STAGE(税込希望価格¥162,000-)」と同じもの

木製ではないながら、非常にハイレベルなものである事はこの事からも汲み取れるのではないでしょうか。

 

 

さて重量は13.7kg。

あれ?と思った方は非常に鋭い。

同じく金属ボディでキーベッドも同じARTURIA KEYLAB 88よりも、0.7kg重いのですよね。

 

 

この重量差は、ARTURIA KEYLAB 88のボディ金属を大幅に削った事の結果のだそうです。(日本正規代理店調べ。「ピアノ用鍵盤コントローラー」としてはよろしくない*、ノブ、フェーダー、パッドなどが所狭しと並べられたKEYLAB 88の天面を考えると、確かにどう考えてもパーツ量の多いKEYLAB 88の方が「軽い」のは不自然。)

 

という事は前述したボディ剛性が犠牲になっているので、スペック仕様上は優れているように見えますが、音楽的(演奏フィーリング)から見つめると残念である事は明白。

もちろんKEYLAB 88は市場評価の高い製品ですが、本当の性能で比較した場合にSL88 STUDIOが下回っているという事は考えられません。

 

 

そして、それでいて価格差がすごい。

KEYLAB 88(税込希望価格¥129,600-)に対しSL88 Studioは税込希望価格¥69,660-。

「ピアノ用鍵盤コントローラーとしてはよろしくない天面*」でありながら、この価格差ですから、何か特別な理由でもない限りはSL88 Studioの方が賢明といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

という訳で、文章が非常に長くなりましたので今回はこの辺で。

 

続きは以下のリンクから。

88鍵盤MIDIキーボードの理想が集約された、Studiologic SL88 – Vol.2

 

※よろしくない理由は上記続編の「初めて「88鍵盤」を所有する人に知っておいてもらいたい、リアルなお話」をご参照ください

是非この記事をシェアして下さい♪

ABOUT US

ブログ管理者情報

株式会社 サンフォニックス CS事業課

〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内2-29-5

TEL:044-874-3362

MAIL:info-cs@sunphonix.co.jp

SHOP:オンラインショップ

最近の投稿

キーワード

カテゴリー

アーカイブ

STAFF_K Written by:STAFF_K

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA