当サイトの正常な表示にはjavascriptが必要です。ご利用のブラウザの設定にてjavascriptをONにして表示してください。

サンフォニックス
VENUE SOFTWARE

SC48 Remoteシステム

SC48の優れたサウンド・クオリティ、信頼性、可搬性を、より汎用なソリューションに包含しました。 オールインワンのSC48と対となる選択肢であるSC48 Remoteシステムは、受賞歴のあるSC48デジタル・コンソールと新しいStage 48リモート・ボックスが組み合わせられており、I/Oをコンソールから分離してより音源に近いところへと設置できるため、ケーブル配線と悪戦苦闘する必要がありません。 完全統合されたPro Toolsレコーディング/再生とプラグイン対応により、スタジオのサウンドをあらゆるライブ・パフォーマンスにもたらすことが可能です。

▼ 同梱内容・特徴▼ VENUEソフトウェア▼ お問い合わせ


SC48をより汎用に。

同梱内容
SC48デジタル・ミキシング・コンソール
Stage 48リモートI/Oボックス
Ethernet Snake Card
VENUEソフトウェア
Pro Toolsソフトウェア*
バンドル・プラグイン
ケーブル、アクセサリー、ガイド
* Pro Toolsの録音と再生にはMac(別売)またはPC(別売)が必要です。

主な利点
Avidライブ・サウンド・システムのサウンド、パワー、信頼性をフレキシブルでコンパクトなシステムに統合
マイク・プリアンプを音源にできるだけ近づけることにより、長いアナログ・ケーブル配線を排してより優れたオーディオ・クオリティを提供
低レイテンシーでオープンなEthernet AVB接続で、信頼性に優れた伝送を提供
SC48とStage 48間で最大48入力/16出力をミックス(32まで拡張可能)
ノート型パソコン1台で最大32のPro Toolsトラックを録音・再生
ダイレクトなプラグイン・サポートにより、スタジオのサウンドをあらゆるライブ・パフォーマンスにもたらすことが可能
すべてのAvid Live Soundシステムで作成されたショー・ファイルの操作と転送が可能

Stage 48リモートI/Oボックス
Stage 48は、SC48 Remote System構成で32chの入力と16chの出力を備え、I/Oをどこにでも設置できます。コンソールから最長100メートル離れたところや、より音源に近いところにI/Oを設置することができ、最高レベルのサウンド・クオリティを実現します。 また安価で軽量の350MHz Cat5eケーブル(Ethernet Snake Card経由でSC48に接続)を使用した完全リダンダント(二重化)の自動切換Ethernet AVBスネーク接続に対応しており、煩雑なケーブル配線を行うことなく、最高の信頼性を享受できます。 さらに、ニーズに合わせてI/Oを拡張・カスタマイズできます。


VENUEソフトウェアが同梱

Avidライブサウンドシステムのコンソール設定の保存/リコールが瞬時に行えるVENUEソフトウェアが付属しています。これにより楽曲ごとのコンソール設定までも素早く、的確に切り替える事が出来ます。
また、このVENUEソフトウェアは、スタジオレコーディングで使用されるプラグインエフェクトソフトウェアを利用する事が可能ですので、スタジオレコーディングのクオリティを最も忠実にライブサウンドでも再現する事が可能です。また、VENUEソフトウェア自体にもEQ、リバーブ、ダイナミクス・プロセッサーが付属しているので、ProTools HD並みの高品位なサウンドエフェクトがご利用頂けるようになります。

詳しくは、コチラから。