当サイトの正常な表示にはjavascriptが必要です。ご利用のブラウザの設定にてjavascriptをONにして表示してください。

サンフォニックス
SC48

SC48

Avidライブ・サウンド・システム、オールインワン・コンパクト・コンソールの驚異的なサウンド・クオリティと強固な安定性をその手に。 SC48は、全てのI/Oとデジタル信号処理、操作感をひとつのコンソールに搭載した48チャンネルのデジタル・コンソール・システムで、最も低価格かつポータブルなAvidライブ・システムの1つです。 このコンソールは、スタジオ・クオリティのプラグイン対応や内蔵するPro Toolsレコーディング・インターフェースを提供、また持ち運びが便利になっているほか、ミキシング処理を効率化する革新的なワークフローを満載しており、エンジニアはショーのミキシング作業に没頭出来るようにデザインされています。

▼ 特徴▼ VENUEソフトウェア▼ お問い合わせ


VENUEオールインワンシステム

サウンド・クオリティ、効率的なサイズ、そして価格の新たなスタンダードを提案するSC48は、すべてのI/Oとデジタル信号処理、ミキシング・コントロールを横幅1m足らずのコンパクトなボディに満載しています。 この完全に統合されたシステムにより、輸送の負担が軽減されるだけでなく、あらゆるイベントで Avid Live Soundシステムの比類なきサウンド・クオリティとクリエイティビティが提供可能になります。

また、SC48は既存のアナログ・マルチケーブル環境に追加するだけで簡単にアナログ・コンソールの代わりとして使用できます。 多機能ながら非常にコンパクトなサイズなので、ステージ・マイクやその他の出力を直接コンソールに接続し、Pro Toolsのレコーディングおよびプレイバックを統合してバーチャル・サウンドチェックやショー・アーカイブに使用したり、ワイヤレスLANデバイスを用いてすべての機能をリモート・コントロールしたり、スタジオクオリティのプロセッシング・パワーで、次元の異なるミックスを行うことができます。

Pro Toolsとシームレスに統合
SC48は、内蔵Pro Tools FireWireインターフェースを搭載し、Pro Toolsソフトウェア(SC48に付属)の動作するコンピューター(別売)に接続して、ライブ・パフォーマンスのレコーディングやアーカイブ、またはオーディオのプレイバックを行うことができます。 SC48とPro Toolsを組み合わせることにより、「バーチャル・サウンドチェック」を行うことも可能。この作業は、その場にパフォーマーやバンドがいなくても、前回のライブ・パフォーマンス時にレコーディングされたトラックを再生することにより、実際のショーやリハーサルが始まる前段階において、会場に応じたシステム・チューニングやシーンの設定を再調節することができるため、作業時間を大幅に節約します。

ワークフローの強力な革新
SC48は、ワークフローを最適化する複数の新しい機能を搭載しています。そのうちのいくつかはワークフローの最適化を提供する、Avidならではの機能です。 独自のチャンネル・コントロールを使用することにより、コンソール上の8つのロータリー・エンコーダーを使って入力パラメーター、EQ、ダイナミクス、Auxセンドなどを含むあらゆるチャンネル・ストリップ機能をボタン操作ひとつでコントロールできます。 ユニークなフレックス・チャンネルをラッチ・モードで使用すると、キー・チャンネルへ途切れることなくアクセスし続けることができ、ショーの主役を見失うことはありません。 VCAスピル機能を活用すると、バンクを切り替えることなく、ミックス内の特定のチャンネルへのアクセスを得ることができます。 コンソールのGPI(多目的インターフェース)I/Oを使用し、VENUEソフトウェアを使ってカスタム・マクロを作成すると、複数の機能を簡単なボタン操作やフットスイッチ、フェーダー操作、外部リモートで簡単に実行できるため、効率性を最大化することができます。


VENUEソフトウェアが同梱

Avidライブサウンドシステムのコンソール設定の保存/リコールが瞬時に行えるVENUEソフトウェアが付属しています。これにより楽曲ごとのコンソール設定までも素早く、的確に切り替える事が出来ます。
また、このVENUEソフトウェアは、スタジオレコーディングで使用されるプラグインエフェクトソフトウェアを利用する事が可能ですので、スタジオレコーディングのクオリティを最も忠実にライブサウンドでも再現する事が可能です。また、VENUEソフトウェア自体にもEQ、リバーブ、ダイナミクス・プロセッサーが付属しているので、ProTools HD並みの高品位なサウンドエフェクトがご利用頂けるようになります。

詳しくは、コチラから。