Infected Mushroom I Wish Plug-in

最近 EDM など、どんどん過激になっていってるような気がしますが、そうした昨今の楽曲を聴くと「すっごい手が込んでるなぁ〜」と思ったりします。

 

それ以前にもジャンルは違えど「エレクトロニカ」以降の音楽も、「たった10秒の音の片隅に、何時間/何日も時間を費やして作られたんだな〜」と思うようなエディットがあったりしました。

というのは、こうした手の込んだ音というのは、波形の切り貼り、ピッチシフト、スタッター、コーラスやフランジャーなど多数様々なエフェクトを駆使して作る事ができるためですが、その労力はハンパないです。

 

昔、Aphex TwinやSquarepusherを聞いた時にはびっくりしたものです。

 

 

さて、そうした「すごい労力」の楽曲の中のひとつに「Infected Mushroom」というユニットの大ヒット曲でもある「I Wish」という曲があります。

 

ボーカルのケロってる音の端々がスタッター的だったり、手間暇かけたんだなー、という感じです。

 

 

ですが、実際はそうでもないみたい(笑)
POLYVERSE MUSICというディベロッパーと、Infected Mushroomが手を組んで開発した、その名も「I Wish Plug-In」(そのまんま!)というプラグインがあるようです。

 

このプラグイン、一見すると普通のエフェクト・プラグインのようですが、実はちょっとユニーク。

 

 

使い方の流れとしては、こんな感じ。

 

  1. I Wish Plug-In を使いたいオーディオ・トラックまたはインストゥルメント・トラックにインサート
  2. 空のMIDIトラック(インストゥルメント・トラック)を作成
  3. 空MIDIトラックのMIDI信号出力先を I Wish Plug-In に設定

 

つまり、MIDIノートをI Wish Plug-Inに流し込んで、I Wish Plug-In がインサートされたトラックの音声を強制的に変形させるプラグイン、というわけです。

 

 

MIDIノートは単にそのキー(音程)を司りますが、I Wish Plug-In のパラーメータもエディットする事でスタッターをはじめとする様々な変化を生む事ができます。

 

近頃のプラグインって、なんだかこうした「複合エフェクトプラグイン」みたいなものが多くて、またその質が非常に良いものだから便利になりましたよね。

 

 

POLYVERSE MUSICの今後が気になる

POLYVERSE MUSIC というディベロッパーの「About us」に目を通してみると、どうやらInfected Mushroomだけでなく様々なアーティストとの共同プラグインをリリースしようとしているようですね。

 

現場主義的というか、「本当に必要なもの」を作ろうとすれば、やはり困っている人の理想を形にするのが一番。ありとあらゆるプラグインであふれた現代にとっては、ディベロッパー主導のリリースよりもずっと「アーティストの声に耳を傾けた」プラグインのほうが信頼できますものね。

 

 

 

弊社は POLYVERSE MUSIC の代理店業務は行っておりません。また当製品についての技術的資料なども持ち合わせておりません。当記事は当社スタッフの主観的感想を述べたものであり、これを保証またはサポートする事は致しかねます。

 

2016/05/17 POLYVERSE MUSICに日本代理店がつきました!

fabfilterやSUGAR BYTESの代理店を務めるDirigentさんが代理店を務める事になりました。

これに伴い、弊社でもPOLYVERSE MUSIC製品を取り扱得る事になりましたので、今後宜しくお願い致します〜

 

polyverse-iwish

是非この記事をシェアして下さい♪

ABOUT US

ブログ管理者情報

株式会社 サンフォニックス CS事業課

〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内2-29-5

TEL:044-874-3362

MAIL:info-cs@sunphonix.co.jp

SHOP:オンラインショップ

最近の投稿

キーワード

カテゴリー

アーカイブ

STAFF_K Written by:STAFF_K

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA